Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

玄関の照明を人感センサーにするとすごく便利になる

2018年9月17日

玄関の電球がすごく暗いホタル電球という謎の電球がついていた。

ホタルのような明るさで照らすので、天井から全く足元を照らせない。玄関にたくさん靴をおいているので、棚の下のほうが全くみえない・・・。靴磨きや掃除を玄関でする時もよく見えないので電球交換を検討することにした。

電球交換のための確認することは2つ

1.口径について

口の大きさがわからなかったが、検索してみたところおおよそ口径サイズが口の大きさの数字担っていることがわかった。

26mmなら口金E26
17mmなら口金E17

といった感じ。自宅は26mmくらいだったので間違いなくE26

E26は間違いづらい。26,17,14,12,11とサイズがあるが26と17は結構大きさが違うので間違いづらいと思う。

2.電気容量について

1つ目の口径が確認出来たら電気の必要容量を確認します。取り外した電球の玉にW(ワット)数が書いてあるのでこれをメモします。

3.電球の種類について

電球には、いくつか種類があります。

  • 白熱電球タイプ
  • 丸型蛍光灯タイプ
  • LEDタイプ
    ・・・などなど

人感センサー付きの電球もある

電球交換を上記の通りに検討していたところ、人感センサータイプの電球があることに気付きました・・・。人感センサー付は便利そうです。

センサーについて

玄関の照明スイッチが中にはいってからスイッチを入れないとつけられない。

夕方買い物にいって買い物袋をもったまま玄関に入って電気がついたら便利。

電気をつけておいて消し忘れても自動で消える。

人感センサーを追加するといろんなメリットがある!

人感センサー付電球以外の方法は・・・

センサー回路を別に用意する必要があるのですが、この回路が結構お高いです。

人感センサーを電球の回路に追加するのには、1000円くらいのセンサーを天井付近に追加するのと、1500円くらいのセンサー操作スイッチを壁のスイッチに入れるのが良さそう。2500円である・・・。壁スイッチセットだともっと高い・・・。

工事作業には電気工事士の資格を取得が必要なので、電気工事士に頼むと東京の工事価格で1時間17,000円が最低でもかかる。

うーん割にあわないな。となるわけです。間違っても資格なしで作業してはいけません。とても危ないですから。


パナソニック(Panasonic) ワイド21壁取付熱線センサ付自動スイッチ WTP1811WP

ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格

一体型のセンサー付きのLED電球について

センサーを別で付けるのは、現時点では都合が悪かった検討を上述の通り、確認しまして、検討していたところ、一体型のLEDライトであれば、電気工事士の資格も不要で、センサーの配線をすることなく、電気を入れ替えるだけでいいと分かりました。

さっそく近所のイオンタウン守谷にあるノジマ電気で見てみたところ、1球で5400円くらいするね・・・。高いな・・・。

実店舗で動作をとりあえず確認したところ、玄関に向いてる感じがします。

いつも使う通販で改めて自宅に帰ってから検索してみたところ、3200円くらい。うーん、さきに検討したセンサー代のことを考慮するとLED電球にセンサー付きなら購入検討できる価格かも。

価格コムで今度は費用比較してみる・・・Amazonで2837円。ヨドバシで3200円くらい、実際に購入して使えるようにしてみました。


パナソニック LED電球 口金直径26mm 電球60W形相当 電球色相当(7.8W) 一般電球・人感センサー LDA8LGKUNS

参考にしたページ

設置してみた

かなりいいです。玄関に設置してみました。

  1. 玄関に入ってきたときにぴかっとつく。
  2. 玄関を通るときに点灯する。
  3. スイッチを入れっぱなしにしておいてOK
  4. LEDなので消費電力が少ない。
  5. 待機電力は商品説明にないのでよくわからない。

結論として自宅の玄関用途には最適でした。